寺町通り

てらまちとおり

 

寺町通り 寺町通り 寺町通り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

総社の少し北側で、旧北陸道から西に延びる通りで国分寺前の道を西に進めば、西詰に引接寺があります。正徳元年(1711)の「正徳元年府中図」には、通りの北側東方に国分寺、南側に常眼寺(現本多3丁目)・報恩寺・妙国寺・栄久寺の諸寺院が描かれており、嘉永4年(1851)の記録には寺町(家数90)と記されています。武生の観光スポットとして、石畳の舗装が施され、石灯ろうやつり灯ろうが並べられ情緒たっぷりの通りです。夜になると、石灯ろうからこぼれる光が石畳や寺社の外塀を照らし出し、古い町並みのたたずまいを醸し出します。