総社大神宮

そうじゃだいじんぐう

総社 総社 総社

 

 

 

 

 

 

 

 

総社大神宮は国司の巡拝、奉幣のために神々を一社にまとめて創建された神社です。この神社の存在が国府であったことを示す根拠の一つともなっています。戦国時代には前田利家により府中城が拡張されたときに、現在地に移されたといわれています。大正15年(1926)に竣工した本殿は流れ造り、拝殿は入母屋造りのいずれも鋼板葺きで、国府の社の風格が感じられます。市民から「おそんじゃさん」と呼ばれ親しまれています。

 

 

福井県越前市京町一丁目4-35

0778-22-1127(社務所)

http://www.osonjasan.jp/

地図

福井県越前市京町一丁目4-35