紫式部公園

むらさきしきぶこうえん

spot-MURASAKI (2) spot-MURASAKI (1)

 

源氏物語の作者、紫式部が生涯でただ一度、都を離れて暮らした場所・越前市。越前国司となった父・藤原為時とともに訪れ、一年余りを過ごしたといわれています。これを記念してつくられた紫式部公園は池をめぐらし、寝殿造の釣殿をしつらえ、紫式部が生きた平安時代の趣を今に伝えています。

公園に隣接してある無料休憩所「藤波亭」では、紫式部に関する資料を見ることができます。

 

 

福井県越前市東千福町20

0778-22-3007(越前市商業・観光振興課)