MODE大井ビル

もーど おおいびる

大井デパート 大井デパート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

越前市のまちなかにある「MODE大井ビル」は、越前市の貴重な建築物です。福井県で2番目にできたデパート(旧大井百貨店)として、昭和初期のモダンなデザインを今も昔と変わらぬ姿で見ることができる近代建築です。今も営業をしている店舗の中では、当時の貴重な品々を見ることができ、あまりに珍しい逸品たちに出会えることから、いつしか、『大井ビルを見ずして越前市を去ることなかれ』と言われるようになったとか・・・。

現在の建物は、東京の三越百貨店を夢に、現館長の祖父大井藤助が大正末期よりプランを練り、昭和7年に完成したものです。ルネサンス建築を基本にした「近世復興式」と呼ばれる欧風建築が施され、地方都市では大変貴重な建物です。設計を担当したのは近代建築設計の巨匠と伝わる久野節・久野設計事務所。建物構造は、鉄筋コンクリート陸屋根造り3階建で、古典主義を取り入れた近代建築です。

 

大井デパート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本古代建築の流れを引き継ぐ「方除」があることも大変珍しいです。建物の裏鬼門には隅切りがあり、半畳ほどの四角いスペースには白砂が敷かれ、鍾馗(しょうき)さんと大黒さんと恵比寿さんが祀られ、「方除」の役割を果たしています。近年はパワースポットとして人気があるとか・・・。

大井デパート 大井デパート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和の美人画家として戦後一世を風靡したと東郷青児(とうごうせいじ)。

そんな偉人が作った、美しい女性のマネキン「白き妖精」が店舗入り口のショーウインドーで見ることができます。伝統的な日本人形の製法で制作され、その美しさと珍しさから、鹿児島市立美術館で開催された「東郷青児展」では、目玉の展示作品として出展されました。今ではMODE大井ビルが「白き妖精の館」として親しまれています。

 

大井デパート 大井デパート

 

 

 

 

 

 

 

今も営業している大井ビルでは、店内でたくさんの名品・逸品を見ることができます。
県内に1つしかないといわれる明治初期の木版画や、江戸時代使用の商紋入りの陣笠、昭和初期使用のアメリカ特注7部門金銭登録機(レジスター)が展示されています。江戸期の鳳風屋根看板には大井家の商紋「山との紋」を施されたものを見ることができます。大井家の商紋には深いいわれがあり、それらの由来を店主の大井弘行さんから伺うのも旅の醍醐味かもしれません。MODE大井ビルの裏には、地続きで大井さんの自宅があります。木造の趣ある佇まいが福井県の「ふくいの伝統的民家」としても認定されています。また、屋根には珍しい一文字瓦が葺かれています。

 

 

福井県越前市元町1-23

0778-22-0210

10:00~16:00(無休※5名以上の見学は要予約)

地図

福井県越前市元町1-23