特別企画展「春の花と子ども展」

日本を代表する絵本画家・いわさきちりひろの生家「ちひろの生まれた家」記念館では、公益財団法人いわさきちひろ記念事業団・ちひろ美術館との共催で、特別企画展を開催しています。2017年度は年4回の特別企画展開催を予定していて、その第1会期となる「春の花と子ども展」が3月24日(金)よりはじまりました。

 

「ちひろの生まれた家」記念館 2017-特別企画展 春の花と子ども展 (2)「ちひろの生まれた家」記念館 2017-特別企画展 春の花と子ども展 (1)

 

「花と子どもの画家」といわれたいわさきちひろ。その絵のなかに登場する花は80種類以上にも及びます。花と子どもをいっしょに描くことも多く、子どもの姿と花のイメージを重ね合わせた絵からは、みずみずしい生命感が伝わります。

 

「ちひろの生まれた家」記念館 2017-特別企画展 春の花と子ども展 (3)「ちひろの生まれた家」記念館 2017-特別企画展 春の花と子ども展 (4)

 

本展では、春の花と子どもを描いた作品をピエゾグラフで紹介するほか、写真や資料からちひろの庭のようすも紹介しています。ぜひ、「ちひろの生まれた家」記念館にご来館ください。

 

「ちひろの生まれた家」記念館 いわさきちひろ ピエゾグラフによる 春の花と子ども展

〔会期〕 平成29年3月24日(金)~平成29年6月12日(月)
〔会場〕 「ちひろの生まれた家」記念館 (越前市天王町4-14) TEL:0778-66-7112
〔開館時間〕 10:00~16:00/火曜休館
〔入館料〕 一般(高校生以上) 200円/ 中学生以下は無料
※一般団体(20名以上) 150円  ※中学生以下の団体(5名以上)の引率者(1名) 無料
※障害者手帳をお持ちの方 100円  ※障害者の引率者(1名) 無料
〔主催〕 一般社団法人越前市観光協会、公益財団法人いわさきちひろ記念事業団・ちひろ美術館
〔HP〕http://chihironoie.jp/